ナナハンと一緒に日本一周・20代紀行

1975年式CB750four K4と20代中盤の阿呆が、京都発でのんびりぼんやり日本一周します。

日本一周2日目 休業の罠と景勝地と温泉と

バイクに乗ってただけなのに、何故か足の裏が痛い竹氏です。


運動不足か極限に達している可能性があります。これはピンチ((((;゜Д゜)))


名門大洋フェリーの朝は早い。


5時前の新門司港近海です。朝焼けにファンネルマークが輝きます。


昨日の夕食に付随した朝食。マーガリンパンで腹を満たして、コーヒーをぶちこみ身体を覚醒!


新門司港に着岸しました。わずかな揺れと共に下船案内アナウンスが流れますが、山手の雲は不穏…晴れの予想とちゃうんか(゜ロ゜)


でも着いたからには出発です。


車両甲板にはCB1100のおじさまがいらっしゃいました。曰く、埼玉から来られて阿蘇に向かわれるとのこと。素敵なコースです。どうぞ無事故で!


我々も続いて下船し、向かう先は山を隔てた半島の向こう門司港です。


この道中、不安だった雨は降らずでしたが、被災痕をいくつも目にしました。今回の豪雨のものでしょう。


古い駅舎をほぼそのままの姿で残す門司港駅です。今回の旅で、最初に立ち寄った駅となりました。


鉄道唱歌にも九州の鉄道の起点として謳われる、当時の栄華を思わせるモダンな駅です。


引き込み線には783系のみどりと、ハウステンボスが留置されていました。


ハウステンボスてこんなカラーやっけ…?古い記憶しかない自分が恨めしいorz


誰ですかー?こんなところに動輪落としてる人は!

一体誰の動輪でしょうか…キュウロクかな?


荒ぶるGenk-en氏。しかし叩き売りとは、少なくとも客の頭を商品で叩き割る手法ではないと思われる(゜ロ゜)


門司港駅前にバイクを止め(1日150円)、門司港レトロをブラタ●リ。


朝早すぎて店がやってねぇ!


平成筑豊鉄道の門司港レトロ線は、災害の影響をまともに受けていました。線路は踏面まで錆びに覆われています( ;´・ω・`)


応援しますよー!早く走れるようになるといいね!


キハ42000型(キハ07)が居ると聞いて、確認しに行った九州鉄道記念館。


入り口前にはREとかED76の切身が置いてあります。


開館は9時かー、それまでどうし……ん?


BGM~暴れん坊将軍のテーマ


走る衝撃、崩れる竹氏。Genk-en氏をレイナナに会わせてあげたかった…興味はないかも知らんけど!


泣く泣く、九州の旧0哩標跡だけ撮影して、ナナハンちゃんのもとへ…あ、あいるびーばっく!


予定より早く門司を出発した我々が、次に目指したのは中津にある耶馬溪です。


これまた鉄道唱歌に、頼山陽の筆により・名高くなりし耶馬溪を~と謳われる景勝地。


頼山陽なにする者ぞ( ゚д゚)ポカーン、と、どんな偉人かも知らない人の言を受け向かいました。


が、途中でGenk-en氏がスキル眠気を発動。他者を巻き込む自爆攻撃の恐れがあったため、近くの広場に退避したところ…


BGM~Danger Zone


なんにも知らずに入った広場、どうやら航空自衛隊の基地横だったようで、F-2Aがブンブン飛び回る。


地元に基地がない身としては興奮のるつぼで、それを見かねたのか、周囲の写真を撮りに来ていたおっちゃん方に色々と教えていただきました。


元々は帝国海軍航空隊の基地だったのねー、銀河とか居たらしいムネアツ。⬅レシプロ好き


我が道を行くGenk-en氏。まぁ、眠いものは仕方ないネ(^_^;)


F-4ファントムが、轟音を撒き散らしながら離陸するのを眺めたのち、バディが復活したので昼食へ向かいます。


で、立ち寄ったのは、我らがライダーたちの休息地である道の駅!今回の旅では初となります。


その名も『豊前おこしかけ』、発音次第ではなんと言うか、寝起きみたいな雰囲気の名前です(失礼


本当は耶馬溪の方で昼食にする予定だったのですが、時間的に見つけた道の駅がちょうどよかったので柔軟に変更し…


人生初だんご汁!


"まいてつ"でひーちゃんが作った『だご汁』が出てきましたが、なるほど双鉄くんの感想はなかなか正しいと実感。腹膨れますこれ!

進行豹先生の取材の緻密さに感動しました…


経験は何事にも変えがたい財産ですねー、好物が増えました( ´∀`)

野菜たっぷりなので、長旅で片寄る栄養を補給できるのも素敵です。


昼食後、トイレにいこうと道の駅を歩けば、思わぬ珍客がいらっしゃいました。


渡り鳥のハクセキレイが巣をかけているとのこと。冬場になると関西にもやって来て越冬する、ちょこまか走る姿が可愛らしい鳥ですが、巣を見るのははじめてです。


職員さん曰く、3羽の雛が居るとか。カメラを向けたら引っ込んでしまいました(ノД`)


その後、再び耶馬溪を目指し走ります。


写真は残念ながら撮れなかったのですが、道の駅耶馬トピアに向かう途中にある、青の洞門と呼ばれる道、なかなかすごい場所です!


天然のトンネル…なんたる威風か(゜ロ゜)


しかし我々は耶馬溪になにがあるか、詳しく知らないため道の駅で情報収集。


オランダ橋とやらが見てみたくなったので、青の洞門を再び潜って…




素敵ぃー!!


立派な石造橋です、なんと絵になることか゚+。:.゚(*゚Д゚*)゚.:。+゚


というわけで、結構バシャバシャ撮って録ってました。


近代文化っていいですよね!



しかし、ダムやらナンとか八景やら他にもあるようで、そちらに向かって走ります。


ダムドーン!


ダムもいいですよね、ロマンです。カードは集めてないけど…


なお、このあとイイ道過ぎて一目八景とやらは見事に通過しました( ̄¬ ̄)


あげく、カメラのバッテリーが知らぬうちに切れる惨事もあり、残るのは我らの網膜にのみとなりました。残念…


そうして走り、由布市に入ったところでナナハンちゃんお腹すいたコールです。


今回初給油!走った距離は130マイル、メートル法でにして208キロとなりました。


まぁ、センスタかけれないせいで、満タンに

しにくく、そのために航続距離落ちてますね( ;´・ω・`)

あ、あとは荷物か…


給油を終えた我々(ナナハンちゃんのみ)は一路、宿のある別府市へ向かいました。


しかしまぁ、由布市~別府市の道は見事なツーリングコースですね!私ゃ吃驚しました。


やまなみロードとか、阿蘇パノラマラインとか聞きますが、そういうのでない道でも十分に楽しい道でした。これは後の期待大です。


本日のお宿、亀の井ホテルさんです。


3000円のリーズナブルなお宿なのに、しっかりしたホテルですね。まぁ、Genk-en氏居なかったらキャンプしてた身からすれば、屋根壁ある場所だけで高級ですが(^_^;)


さらにさらに、別府と言えばで



風呂です!


竹瓦温泉という市営浴場ですが、さすが温泉地、タオルやら石鹸やらさえ持っていれば100円で入れます!


うーむむ、銭湯では勝ち目ないなぁ


以前人吉で入った新温泉さんの規模を大きくしたような、シャワーやカランという甘えを許さない湯船だけの温泉でした。


さぁ、明日は別府地獄巡りの予定!なおGenk-en氏とは明日でお別れとなります。

でもでも最後まで楽しみますよぉ!乞うご期待!


しっかし動画データのクラウド移行が進まない…

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。